「ささき・歯科クリニック」はこう考えています

咬合を重視した治療が重要

当歯科では「咬合」(咬み合わせ)を重視した治療を行っています。たとえば、一般的な虫歯治療では虫歯となった部分を処置してその歯の咬み合わせだけを調整しますが、それだけではお口のなかの健康は維持するのに十分な処置とはいえません。

たった1本の歯を削ったり、たった1本の歯に詰め物・被せ物を入れたりしただけで、全体の咬み合わせのバランスが変わってくることもあります。全体の咬み合わせが悪いと、お口全体の違和感が解消されないばかりか、全身の健康に悪影響を及ぼすことも……。対症療法(表面的な症状改善を目的とする治療法)ではなく、症状の原因から改善を図るには、咬合の観点もふまえた総合的な治療計画を立てることが必要になるのです。

患者様に心から喜んでいただきたい

咬み合わせに不具合があると、歯の痛みや違和感だけでなく、肩こり・頭痛・耳鳴り・めまいといった症状の原因になることがあります。また、せっかく治療した歯の被せ物が取れてしまうというケースも少なくありません。

咬合は、全身の健康にとっても非常に重要です。当院では、治療にお越しいただいたすべての患者様にこれまで受けたことのないような丁寧な診療と最善の結果をご提供し、心から喜んでいただきたいと考えています。そのために、治療・処置の結果にこだわることはもちろん、スタッフ一同ホスピタリティの心を常に持って患者様の負担軽減・不安軽減に努めます。

ささき・歯科クリニック 院長のご紹介

院長 中村 和弘

経歴

2001年3月
日本歯科大学歯学部 卒業
2001年4月
日本歯科大学附属病院 臨床研修医
2002年4月
日本歯科大学附属病院 口腔外科診療科 在籍
2006年4月
横山歯科クリニック 院長
2007年4月
国立学園通り歯科 開設

所属学会

  • 日本口腔外科学会
  • 日本インプラント学会
  • 日本放射線学会
  • 日本臨床歯周病学会 他

所属スタディグループ

  • JODS主宰
  • 日本インプラント臨床研究会

当院の院内のご紹介とアクセスはこちら