出産前だからこそ、歯科治療は大切です

「妊娠中は歯科治療を受けられない」と思いこんでいる方もいらっしゃいますが、決してそんなことはありません。これからのことを考えると、むしろ積極的に受けていただくべきだといえるでしょう。出産後は乳児の世話にかかりっきりで「歯医者どころではない」という状態なりますが、乳歯が生え始めたら虫歯菌の母子感染対策が必要になってきます。

赤ちゃんが生まれてからのバタバタした生活は、目に見えていること。そうしたなかで時間のかかる治療を行わなくていいように、出産前からしっかりお口をケアしておきましょう。妊娠中に口内をキレイな状態にしておけば、出産後は簡単な予防処置を行うだけで済みます。タイミングを見極めれば治療は受けられますので、痛みなどがなくても昭島市の歯医者「ささき・歯科クリニック」にお越しください。

妊娠初期
1~4か月
つわりがあるため治療が難しい時期です。緊急性がなければ、この時期の治療は控えましょう。
妊娠中期
5~8か月
つわりもなくなって安定期に入るため、もっとも治療に適した時期です。症状がなくても歯垢・歯石の除去などクリーニングを受けておくのがベターです。
妊娠後期
9か月~
お腹が大きくなると診察台に座るのも難しくなります。無理して治療を受けると母体にも胎児にもよくありません。

妊娠性歯周炎にご用心

「早産」や「低体重児出産」といったトラブルは、喫煙やアルコール、高齢出産などが原因とされていますが、歯周病も大きな原因のひとつと言われています。歯周病菌は子宮の筋肉に作用し、陣痛に似た動きを誘発するのです。

妊娠中はホルモンの影響やつわりなどによって、歯周病(妊娠性歯周病)のリスクが高まります。そのため、いつも以上にしっかりと口内のケアをしなければなりません。虫歯や歯周病の治療はもちろん、痛みなどがなくてもクリーニングや定期検診を受けておくことをおすすめします。

つわりで歯が磨けない方へ

妊娠中にはつわりがひどくて歯磨きができなくなる方もいます。そんな時には、なるべくつらくない方法でケアをすることが大切です。どうしても歯ブラシが口に入れられないという方は、食後に緑茶やデンタルリンスなどでうがいするだけでも効果があります。リンゴなどの繊維質の多いものを食べることで、口内をスッキリさせることもできます。

歯磨き粉の匂いを嗅いだだけでムカムカするという方は、歯磨き粉を使わずにブラッシングしましょう。ヘッドの小さな歯ブラシに替えると、歯ブラシを口に入れやすくなることもあります。どうしても歯ブラシが無理なら、デンタルフロスや歯間ブラシでのケアも試してみましょう。

妊娠中の歯科治療Q&A

妊娠中に麻酔を使うことで、赤ちゃんに影響はありませんか?

歯科の麻酔は使用する液量も少なく、口内でのみ作用して分解されるため、まったく心配ありません。ただし、過去に麻酔で気分が悪くなった経験がある方やアレルギーがある方は、あらかじめお申し出ください。

病院で妊娠中にはレントゲンは撮れないと聞いたのですが、歯科では大丈夫なのでしょうか?

歯科のレントゲンはお口にのみX線を照射するので、赤ちゃんに当たることはありません。また、念のため防護用のエプロンも着用しますので、ご安心ください。

妊娠中に親知らずが痛むときは、抜歯できるのでしょうか?

基本的には抜歯をしない方法で処置を行います。産婦人科のドクターとも相談しながら当面は消毒や痛み止めなどによって対処し、出産後に抜歯するという流れが一般的です。親知らずなどが気になる場合は、妊娠の前に処置を済ませておきましょう。

妊娠中の歯の健康をしっかり守ります まずはお電話でご予約を! 042-500-4970 昭島駅徒歩1分 土曜も診療